top of page
  • zag107

【活動レポ】小冊子つくり、歩き方クリニックと「きろくしま帳」をアピール@調布まち活フェスタ

アネスト出版代表、想いを言葉で発信するサポーター、いとう啓子です。


3月12日(日)、歩き方クリニックの馬渕先生と一緒に、調布まち活フェスタに出店しました。

会場は、京王線国領駅前広場。

調布まち活フェスタ

当日は薄日が差す、まずまずのお天気のなか、2019年以来4年ぶりにフェスタは開催されました。

調布まち活フェスタ

スマホから写真をパソコンに取り込み、専用テンプレートに貼り付けて、A5、4ページのPDFデータを作成。お客さんにメールで送信しました。

調布まち活フェスタ

このPDFデータは、コンビニのマルチプリンターで小冊子印刷できます。

(小冊子印刷4ページで100円@セブンイレブン)


地球にやさしい住まいや暮らし方を提案している(一社)えねこやさん向けに、最近の活動記録の小冊子データを作りました。


ご自宅で、文字を追記して小冊子を完成し、コンビニでプリントしたそうです。完成した小冊子の写真を送っていただきました。

調布まち活フェスタ えねこや

(一社)えねこやさんの小冊子


「手軽に小冊子ができる発想がなかったのですが、日ごろからお世話になっているところに、早速プリントしてお分けしたいと思います」と、えねこやさんの方から、ご感想をいただきました。


その他、ご家族の旅行記録などを作りました。


アネスト出版では、小冊子つくりをサポートしています。

 

歩き方クリニック&「きろくしま帳」のアピール


 マブーこと馬渕正彦さんが、歩き方クリニックと、練習記録を残すオリジナルノート「きろくしま帳」の紹介をしました。


練習したことを記録しておくオリジナルのノートです。

きろくしま帳

練習したことを記録しておくことで、歩くことへの意識が高まります。次の練習へ向けてのモチベーションにもつながります。


 きろくしま帳はとても好評で、一気にクリニックの参加者が増えました!

調布まち活フェスタ

アネスト出版では、ご希望の内容にあわせて「きろくしま帳」を作成しています。


歩き方クリニックについてはこちらへ

 

自費出版、小冊子つくりの紹介


 絵本を作りたい、絵の作品集をつくりたいなど、数名でしたが、本つくりに興味を持ってくれた方がいました。


 今は、オンデマンド印刷を利用して、ハードカバーや絵本でも、以前よりも安価で作れるようになりました。


 オンデマンド印刷を利用したAmazonでの紙の本の出版、電子書籍の作成、出版のサポートもしています。

 

さまざまなイベント


 また、ステージでは地元中学校の生徒がブラスバンド演奏、合唱、踊りなどを披露。ちょうふ0円マーケット、フードバンクなども出店していました。


 広場に隣接する「調布プラザあくろす」では、地域活動団体、電気通信大学、白百合女子大学のサークルなどが活動紹介を実施。


 4年ぶりの調布まち活フェスタは無事に終了しました。

調布まち活フェスタ
中学生が演奏した

調布まち活フェスタ
合唱を聞く人たち

調布まち活フェスタ
調布かるた遊び

 (まとめ・写真 いとう啓子)

調布まち活フェスタ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page