top of page
  • zag107

【開催レポ】早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布



早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布

2月10日(土)、マブー(馬渕正彦先生)の歩き方教室を開催しました。

 

 立春をすぎてから雪が降りましたが、10日は小春日和となりました。


 前半は、調布市文化会館たづくりの学習室で練習し、後半は屋外へ出て、早春の日差しを浴びながら、気持よく練習しました。


早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布
カニ歩き

<内容>

◎屋内

・ストレッチ(特に肩と骨盤の周り、ワニ歩きも)、ジグリング(要はフラダンス)

基本の運動(脚振りだけは外で)


早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布
タオルを付けて腕振りの練習

・ゴムベルト歩き

・カニ歩き

・階段歩き


早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布
ゴムベルト歩き

◎屋外

・脚振り

・裸足歩き(芝生)

・緩い下り坂での早歩き

・二拍子(利き足、逆足) 

 歩きと三拍子歩き


早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布

参加者の感想(抜粋)

・「スッと立つ」「骨盤を回転させる」「膝をまげない(ゆるめない)」などが少し分かった。

・歩き方の癖を先生にご指摘いただき、なんとなく自覚できるようになりました。

・多様なメニューに取り組むことで、心身が解放され、可動域が広がっていくことを実感できました。

 足指セパレータをつけて外を歩いて、久しぶりに足の裏を意識できました。

・久しぶりにいい天気の中、外で大股で歩けて気持がよかった。

 3拍子で歩くと、2拍子と比べるとスムーズに前に進む感じが少しつかめた。


馬渕先生の感想

膝を緩めず姿勢良くという基本の重要性と、動作と同時に「スクッ」となど、声を出すことの有効性を再確認しました。

久しぶりの屋外で、みなさん心身の開放が出来たようでした。特に裸足歩きの刺激が良かったようです。


普段も、板の間であっても裸足で過ごす時間を増やしてほしいです。

手脚のリズミカルな調和は難しい命題ですが、それも目指してほしいなと思いました。


スタッフ伊藤

コートを脱ぎたくなる温かい日差しの中、みなさん楽しそうに歩いていました。

外で歩くと、気分もいいですね。気持よく歩くと、心も軽やかになると改めて感じました。



次回は、3月9日(土)の午前中、調布市文化会館たづくり10階、和室の百日紅で行います。


お問い合わせ zag107@gmail.com 伊藤


早春の光を浴びてマブーの歩き方教室@東京調布

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page