• zag107

新刊「プレイワーク入門 子どもの遊びを支援する」出版しました。

「子どもの遊びが脅かされている

自由にのびのびと遊ぶことが、妨げられている

現代は、子どもの遊びの危機であることを知らねばならない


子どもが天性の資質として与えられている遊び能力を、

大人や社会の抑圧と支配から救い出して、

自由に発展させることが何よりも必要である。

そのことを目指す子どもへの支援活動を

私たちは『プレイワーク』と名付けた。


子どもが遊ぶ時間を、空間を、仲間を取り戻し

子どもが子どもらしく生きられる条件を生み出す

それが大人の務めであり、プレイワークの目標だ」


危機的状況にある子どもの遊びを、どう支援するのか

専門家による初のプレイワーク指南書。


編著者:薗田碩哉

著者:織田祥代、小野憲史、佐藤健、道廣英彦、渡辺建


Amazonの購入ページへ

プレイワーク入門

プレイワーク入門
遊びの種類はカラーイラスト付きで紹介されている。

薗田碩哉 先生 プロフィール

実践女子短大生活文化学科教授および生活福祉学科教授を務め、2012年退職。 日本レクリエーション学会、日本余暇学会(2007~12年会長)、余暇ツーリズム学会(名誉会員)、日本福祉文化学会(1989年創立以来副会長、現在は顧問)、ライフビジョン学会(顧問)。法政大学大原社会問題研究所嘱託研究員等。

東京都多摩市・町田市でフリー幼稚園「さんさん幼児園」運営に携わる。 2003年には「NPOさんさんくらぶ」を設立、多摩ニュータウンを中心に教育、文化、福祉、環境に関わる市民活動を進めている。

東京都町田市社会教育委員、町田市生涯学習審議会委員、(公財)社会教育協会理事、NPO法人町田市レクリエーション連盟理事長、町田市こひつじ幼稚園理事、など。